« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

とある日のくくるん。

くくるん元気なので、中華街いってきます!!

H29年10月30日(月)

今日は台風一過で青空が広がっております。
家事を終わらせてから、くくるんとお散歩してきました。
でも風がすごくてねーーーーーくくるんあんまり歩きたくない様子だったので、今日はそうそうに切り上げました。

お家に帰ったらくくるんはまったり。

1

Img_20171030_101659

あ。こっちむいた。

Img_20171030_102440

近くまでやってきました。くくるん、へら顔です。

Img_20171030_102443

くくるん、どうしたっ!!!
Σ(゚д゚;)
な~んて、あくびしたんだよ (笑)

Img_20171030_102447

そしてまた へら顔に戻るのね(笑)。

ところでね。
2階にくくるんを残してくると…

Img_20171030_104652

よくこうやって踊り場から下を見下ろしています。
たーちゃんもよくこうやって下をみていたっけ。
すごく急な階段なのでたーちゃんもくくるんも上り下りできません。
人もたまに落ちる
この下を覗いている姿がすご~~~~く可愛いんだよ って、ただそれだけ
以上、親ばかでした





にほんブログ村

2017年10月30日 (月)

腹ぺこくく虫 その②

昨日、東京都下我が家よりさらにさいたま側に住む妹が大根をもってきてくれました。
お義母さんが家庭菜園で作ってくれているやつで、毎度毎度ちょ~美味しいの!!!
売ってるヤツよりおいしいわけよ。

玄関先に下ろしてくれたんだけど、さっそく腹ぺこくく虫も勝手にお味見。

20171028172401_deco

幸せそうでしょ?採れたてぴちぴちしゃっきしゃきだからね。

Img_20171028_170858

もう夢中。

Img_20171028_170855_2

しゃくしゃくしゃくしゃく良い音たててます。

Img_20171028_170921_3

幸せそう(笑)

Img_20171028_170931_2

でも茎しか食べないの。

20171028172241_deco_2

なんでもないですよ(笑)。

20171028172520_deco_2

そして葉っぱを食い散らかしたまま、またもや玄関へオカワリしにいく くくるんなのでした。
このあと、袋を食い破って大根本体もかじってました

すっかり味をしめてしまったらしい。



にほんブログ村

ところで…
明日、横浜中華街にある関帝廟にお参りへ行こうと思ってるのね。
明日のお天気と、くくるんの体調と、私の体調が良ければだからまだはっきり決めてないけど。くくるんが体調崩して初めての遠出だから、ちょっと緊張…

ってのが、くくるんが具合悪くなったのって、私が韓国へ行く2週間ほど前だったのね。
迷ったけど、韓国は中止にした。
じゃ沖縄にするか、とおもって計画を立てていたら、くくるんさらに具合が悪くなって
こりゃ何日もお留守番はさせられないので沖縄も断念。
ちょっと持ち直してきたから、草津一泊してくるか、と思ったらまたぶり返し断念。
結局すんみぃにくくるんをお願いして、日帰りで群馬のロックハート城に行って温泉つかって帰ってきたのね。
一緒に行くつもりだった姉のまうさんも、友人のるみやーも韓国旅行に合わせて
有給とっちゃったからそのまま一緒に遊び続ける予定だったの。
で、温泉の翌日は新大久保のコリアンタウンで『韓国いけなくて残念でした会』をすることになっていて
朝準備をしている真っ最中に大きなてんかん発作が起こったのよね。

私が楽しい計画を立てるとくくるんが具合悪くなっていたので…明日恐いのです。

うん、偶然だってわかってるんだけどなんだかこわい。
まうさんが「でも今回はくくるんも一緒だから」といってくれてるけど。
関帝廟にぜひぜひお参りして、くくるんのこと、そして勝手に心のお友達わんこと決めてる、Aちゃん・Kちゃんのことも
お願いしたいから。
関帝廟ね、すごく御利益があるんだよ。今までお願いしたことは100%叶ってるのね。
だから何が何でも行きたいのです。
あ。私無宗教なんだけどね。

くくるん、ステロイドの影響で喉が渇くもんだから、シッコも普段より多めなのです。
で、彼女外でシッコができないので…朝いちで行ってお参りして、ちょちょっと食べ歩きして
ちょちょっと買い物して、昼には撤収予定。
中華街滞在は2時間を予定しております(^_^;)

 

2017年10月27日 (金)

お天気だから。

今日の関東地方はぴかぴかの晴天です。全国的に沖縄以外はぴーかんなのよね。

ってことで、今日は久しぶりのながーーーーーいお散歩をしてきました。

東京都下にある我が家の周りは農家が多くて、露地販売店(というか自販機)が
ざっと数えただけでも徒歩圏内7カ所ほどあります。
なのでお散歩がてらよく買いに行くんだよ、という話しは以前したことがあるけれど。
今日は4カ所ほど回ってきました。

Line_1509069700715

今日はトレーナー1枚でちょうど良い気温で、とっても気持ち良かったよ。
ふたりでのんびりてくてくてくてく。
くくるんは、向こうからワンコがやってくると急に歩みがおそくなる(笑)。
そして近くに来ると慌てて私の陰に隠れて歩くんだよね。
なかなか治らんくくるんの「犬見知り」。
優しいわんこは沢山いるのになぁ。

ところで、今日はあまりぐっとくるお野菜が無くて、ツルムラサキだけ買いました。
農家のお姉さんに「どうやって食べてますか?」と聞かれたので
おひたし、と答えると
お姉さん、ベーコンと一緒に塩胡椒で炒めるのも美味しいですよ、と教えてくださいました。
ほほぅなるほど。やったことないな。そりゃうまそう。明日ベーコン買ってきてやってみよう。

さて。

Img_20170922_112733

これね。ケージサイドレストをしていたときの写真です。

Img_20170922_112752_2

UPしようと思ったらこのあと病状が急変しちゃってそれどころじゃ無くなっちゃって。
でも、せっかくだからUPします。せっかく可愛く撮れてるから。。。←親ばか。
ケージサイドレストでストレスたまりまくりでリードにやつあたりしてるの。
ひたすらゴロゴロしていたからね、耳毛に毛玉できまくってしまって
なくなくカット…。おかげでそれじゃなくても少ない耳毛がしょぼしょぼだよ。

明日からはまたお天気が崩れるそう。
くくるんと何して遊ぼうかな。


にほんブログ村

昨日で最後にてんかん発作を見てからちょうどひと月経ちました。
もう二度と見たくないけど、どうなんだろうな。
松木先生の診察を受けてから、私の動悸は治まったけれど
それでも、くくるんが寝っ転がったまま手足をぴーんと伸ばしてのびをしていると
発作が起きたのかと思って心臓がバクバクします。

あんなに心配だったMRI。今は早くもう一度受けたい、とか思っちゃうんだよね。
早く受けて、くくるんの頭の中を確認したい。
だめだな。これは自分が安心したいだけなんだもんな…
ごめんね、くくるん。勝手なかあちゃんで…

2017年10月26日 (木)

腹ぺこくく虫

松木先生のところでくくるんの体重を量ったら、3.3キロでした。
一週間前にAちゃん先生に量ってもらったときは3.14。
松木先生に「いつもこんなもんですか?」と聞かれたので、「いえ増えています」と答えました。
そうそう、ちゃくちゃくと増えている
今までは3.04前後だったんだよね。ずっと。
松木先生が「あまり太りすぎないように今のうちに写真を撮っておいて
たまに見るようにしたらいいですよ」とアドバイスをいただきました。
このコだけを毎日見ていると、太ったことに気付き辛いからって。
薬の影響でどうしても太っちゃうけど、なるべく太らない方がいいから、と。

最近ね、くくるんの食欲はすごい。
今まではムラ食いがすごくて、朝晩の餌を完食することはほとんどなかったんだよ。
トッピングがなければまず食べないし、トッピングしても飽きると食べないとか日常だった。
それが、今はものの数秒で完食するのです。
なるべく今までとかわらない食生活をさせるようにしているけれど、
最近では床まで舐めるんだよ
…という話しを松木先生にしたら、そういうコ良くいるんだって。
そしてゴミまで食べたり、ウンチまで食べたり。くくるんは今のところウンチは食べないよ。
でもねー、たーちゃんは食糞するコだったんだよね。でも朝一番のウンチだけ。

先日、買い物に行ってちょっとだけ買い物袋を放置してしまって。
さて、しまうか、と野菜を買い物袋から出したら。

1508736598129

ひ~……ビニールごと食い破ってる…
今までこんなことしなかったのに…
しかし、私が悪いね

1508736600144

野菜ボックスに立てておいた大根も…
葉物は食べても、大根は食べなかったのに…
そんなにお腹空いてるのか。くく虫は…

で、まうさんが松木先生に「野菜を盗み食いするんです」と言ったら「野菜ならいいじゃないですか 」って。
うん、まぁ、カロリー的にはいいのかなぁ(笑)
でもくくるんはお腹弱いからねぇ…どうなんだろうか。でも最近沢山野菜を食べても
吐かないし下痢しないな。

しかし、困ったもんですねぇ…

20171019202306_deco

いや、きみにいっても仕方がないから何でもないんだけどさぁ。
私が食事をしていると、脇の下にムリムリムリ~~っと頭を突っ込んでくる。
これも以前だったらしなかった。
私のご飯を狙ってるの。以前だったらぜったい許さなかったけど
最近あまあまだから、脇の下にくくるん挟んで食事してます

あ、お茶碗もってなくてお行儀悪いのがばれちゃった
でも韓国海苔食べてるからお茶碗持たなくていいの。なーんちゃって。



にほんブログ村

2017年10月25日 (水)

余命宣告なくなった!

昨日、神田の松木先生のところへ診察にいってきました。

前もってデータを郵送しておいたので、話も早く。
病気についてMRI画像を見ながらとても丁寧にわかりやすく説明をしてくださいました。
で、私から…
今かかっている病院ではMRIを撮った直後にまず余命宣告されて
でもそれはまだ専門の先生にMRIの読影をしてもらうまえだったので
一般的な脳炎の(壊死性などの)話しをされてしまったということ、
その後読影が終わった後に、今すぐどうということではないけれど、他のワンコみたいに10歳を越えるような
長生きはできない、と言われたことを話しました。
MRIを撮ったキャミックでは、「無責任な事をここでいえないけれど、予後はいいんじゃないかな」と前向きなことをいわれただけに
相当ショックだった、というはなしをしたら、松木先生が

「それはもう全部忘れてください 」と

松木先生がおっしゃるには、くくるんのかかっている病気は直接余命に影響するものではないということです。
とはいえ、脳炎の中でレベル分けをするとすれば
中の下くらいのところにある、やっぱり楽観視はできない病気なんだそうです。
やはりとても珍しい病気で松木先生でさえ片手ほどの頭数しか診ていないのだそうです。

簡単に説明するとしたら
本来なら身体の中に入ってきた悪いモノをやっつけるための免疫が、りゅうまちのように
何かのきっかけで自分自身に向かってしまっている、ということだそうです。
薬によって症状を軽減させることは大いに期待できるけれど
いってみればアレルギーのように、すっきり治るといこうことがなかなか難しいのだそうです。
でもうまくすれば、半年から数年薬をつかって症状を軽くしていくうちに
薬とおさらばできることもあるそう。
でも、薬を減らすことでまた症状がでてしまうようなら、一生またはそれに近い期間
薬を飲み続けなければいけないそうです。
これは本当にそのコによるそうで、松木先生が診ていたコのなかには、特別な治療をしなくても
いつのまにか治っちゃった、というコもいるそうです。

ただ、飲み続けなくてはいけなくなった場合、副作用がやっぱり問題だそうです。
初めのうちは強い薬も飲めるのだけれど、強い薬は肝臓に相当ダメージを与えるから
薬を変えなければいけなくなるんだそうです。

で、今飲ませている薬のことや、フェノバールの数値のことなども
ちょっと今の病院の考えとは違うようでした。いや、もしかしたら私の解釈や、伝え方が悪かったのかも知れないけど。

フェノバールの血中濃度、15~30くらいがいいんだけど、くくるんは今回15だったからお薬このままでいきましょうってことで薬が減らなかった。というあたり。
松木先生は、血中濃度は15以上ないといけないワケじゃなくて
例えばそれが7だったとしても、発作が起こっていないならそれでいいんだって。
今、最後の発作が9月26日でほぼひと月経つから、そろそろフェノバールの量を減らすことに
チャレンジしても良い時期かな、と思うとおっしゃってました。
あと、プレドニゾロン(ステロイド)もそろそろ減らした方が良いとおっしゃっていて
具体的にあまり副作用の心配をしなくても良い松井先生お勧めのお薬を
教えてくださいましたが、お薬のことは私が聞いてもわからないので、
その当たりのことも含めて松木先生からAちゃん先生にメールしてくださるそうです。

それとね、今まで松木先生が診てきた同じ病気のワンコにはくくるんのように
てんかん発作のあるコはいなかったんだって。
ではどんな症状かといったら、首の辺りを痛がる、肩をすくめてすごく元気が無いなど
そんな程度(と言ってはなんだけれど)なんだって。
でもまぁ、脳の腫れている部位によってはそういう症状がでても不思議ではないから、とおっしゃっていました。

次、Aちゃん先生の診察は一週間後なんだけれど
お薬のこと、どうなるかなぁ…副作用の強い薬は使いたくないから、Aちゃん先生
松木先生の意見を取り入れてくれるかなぁ。
Aちゃん先生っていうより、その上の先生の考えもあるだろうしなぁ、と心配性の私は
それが気になる。

あと、また年内にMRIを撮りましょうといわれていることについて。
まぁそれは今の病院に聞けばよいことなんだけれど、といったら
またMRIを撮って今の治療の成果や脳の状態を見ることはとても良い事です、と
おっしゃっていました。
そうすると、今後も定期的に撮るんでしょうか、とおききしたら
それはないみたい。
今回の治療がきちんと成功していることを確認できればその後また撮る、ということは
通常無いそうです。

なにはともあれ…希望を持てるようになったのはとっても嬉しい。

1508832295474

帰り道、いつもの病院によって、フェノバールをオカワリしてきたので
病院のはしご…
くくるんドキドキしちゃったからね、お疲れです。
たまたま仕事で東京に帰ってきていた長男と一緒にお昼寝。
お膳の下で寝ているところを長男が撮ってくれました。

そうそう。
この長男もね、赤ちゃんの時先天性の心臓病で2度手術したんですよ。
その病気はねその当時はそれほど簡単な病気ではなくて
レベル分けするとすれば、まさに中の下くらいだといわれました。
あの頃も毎日心配で心配でビクビクしていたのを思い出します。
一生病院と縁は切れないけれど、そんな長男も来月にはお父ちゃんになるんだからね。
なんだか特別嬉しいよ。
そんな風に、くくるんにも頑張って欲しいな。

1508888377330

あとね、これはまうさんが作ってくれたの。

右は幼くして亡くなった私の妹へ。
左はへちゃねーさんとたーちゃんへ。
くくるんの病気がわかってから、お花とお線香と新鮮なお水をかかさずお供えしています。
ひどいね、いままでぞんざいに扱ってしまっていた。

毎日朝晩、あと特別な事があったときはその都度
手を合わせてお祈りしています。
朝、今日も宜しくね。
夜、今日も有り難う。
そう言いながら1日を振り返ると、なんだか1日頑張って生きたと思えると気がつきました。

そうそう。
今日ね、神田まで車で行ったんだけど、松木先生のところは駐車場がないので
近くのコインパーキングに停めたのよ。
これがコインパーキングは沢山あるのにどこも満車だったり高さ制限で駐車できなかったり。
やっとみつけたところに停めたんだけどさ。
1時間ほどで帰る時びっくりよ。なんと3000円だって!ひ~~~~あり得ない
渋谷だって2時間で2500円程度、京都嵐山だって1時間程度停めて2000円だったのに(まぁこれはこれでぼってるけど)。
いやー、びっくりびっくり。ぼりすぎじゃない?え?どうなんだろう。


にほんブログ村

2017年10月23日 (月)

お薬減りませんでした (涙)

ここ数日めちゃめちゃ忙しくて更新できませんでしたが、くくるんは元気です。
たぶん。
元気に見える。

さて。一昨日Aちゃん先生からフェノバール血中濃度を調べた結果を知らせる電話がかかってきました。
結果から言って、お薬減らせないって。
血中濃度が15~30が良いらしいんだけど、くくるんは15だったんだって。
ギリギリ。ってこと?
まぁ…増えなかっただけ良しとしよう…なんだかよくわからないから
今度色々質問してみよう。
それにしても、ちょっと期待していただけにがっかりしたけど…こんなことでがっかりしていては
この先続かない。がんばろう。

さて②
土曜日はどうしてもくくるんを連れてはいけない用事あって、くくるんを姉のまうさんとたくに
お願いしました。
もし発作が起こった場合の処置の仕方や夜のお薬の申し送りもばっちりしました。

くくるんに気付かれないようにこっそり出かけようと思ったんだけど、くくるん玄関まででてきちゃったから…
おいてきて起こってると思いきや、そうでもなかったみたい。大好きなまうさんいるからね。

「くくるん、怒ってる?」とラインしたら

1508736523744

この写真と共に「怒ってないよ~待て、ごっこしてる」って。
この日のためにカロリー少なめで無添加のボウロを買ってきてくれたの!

1508736569720_2

なんだかごっちゃごちゃでお恥ずかしいですが…
お昼のピッツアの耳をもらってるんだろう(笑)

1508736530497

ピッツアにはビア。発泡酒だけど。

1508736575975

見返り美人。

1508736586776_2

まうさんとまったり。

1508736589770

またまた見返り美人さん。

他にもたくさんお写真あるのですが、諸事情ありまた後日…
くくるんのカメラ目線をもらうのに、「くくるん!くくるん!」と呼んでたんだけど
それよりも「さてっ!」ていう方がこっちむくよ、ってまうさんが。
うん、そうなんだよね。みんなのところのぱぴちゃんたちもそうなのかな??
うちはたーちゃんもそうだったな。
それにしても、そんなに私、『さて』っていってるかしら…えーそうかな。

さて③……あ、言ってるわ
今日は母が横浜の八千代台というところで用事があるってんで送って行きました。
車移動はもういい加減かなり馴れたくくるんでしたが、高速に乗った途端
ブルブルブルブルしだして。
挙句の果てには「キャン」と小さく二回も鳴いて。
もうびっくりしたのなんのって。具合でも悪くなったかとドキドキしたけれど
大丈夫だった。
高速道路は一般道と違ってかなりスピードも出るので
その分騒音も激しいのね。それでびっくりしちゃったみたい。
片道一時間半、目的地について母を下してから、少し外に出てリフレッシュしました。
そして車の中で少し二人でまったりしてから…お水を飲んで帰りました。
「さ、くくるん帰ろう!」とクレートに戻すと、くくるんね。あっという間に眠っちゃったよ。
ちゃんと『帰ろう』が解ってるみたい。

往復3時間ちょっとの旅でした。
くくるんをお留守番させての旅行は、よっぽどでないともうしないつもり。
これから旅行に行くときはくくるんと一緒。だから、くくるんには高速にもなれてもらわないと。

ってことで、松木先生んところは高速使うか。調べたら、一般道でもたいして時間変わらないみたいなんだけど。
はぁ。死にそうなくらい緊張してます。


にほんブログ村

2017年10月19日 (木)

病院に行って来ました。

昨日は一週間ぶりの受診日でした。

この一週間、くくるんは何事もなく元気に過ごしました。ありがたや。
Aちゃん先生をみるなり、おしっぽふりふりAちゃん先生に近寄って
先生に「くくる~~元気だね」と声をかけていただきました。
きっとくくるんは「うん、くくるんは元気だよ?Aちゃんも元気そうじゃん 」ってなもんです(まうさんあてれこ)
昨日は、フェノバールの血中濃度を測るために夜の薬を飲ませずに行きました。
採血をして、便を提出して検便。
検便の結果は全く問題なし。
血中濃度の測定は外注検査に出すので結果は一週間後だって。
その結果によってお薬の量を決めるので、とりあえず一週間分だけフェノバールを
処方してくださるとのこと。
結果によっては減らすということです。
え?増やすんじゃなくて??とお聞きしたら、ここのところおちついているので
結果によっては減らせるかも、発作もおきていないし増やすことはそうないです、との
ことです。
えっ、そうなんですか、とたったそれだけのことで嬉しくなりました。
だって、私はてっきり『効き目がどれだけ薄くなってるか』の検査だとおもってたから
現状維持か増えるかしかないと思っていたから。
フェノバールはすごく身体に負担がかかるときいていたから、減るのならそんな嬉しいことはないよ。減るといいなぁ…減りますように…

くくるん、発作もなく元気で過ごせれば次は2週間後で良いそうです。でも検査結果でフェノバールの量がきまるので
お薬だけとりに来てね、とのこと。お電話くださるんだって。

今回もこの一週間のくくるんの様子をじっくり聞いてくださって、私の疑問なども聞いてくださいました。
1番気になっていたこと…目を開けたまま眠っている頻度が多くなったこと。
でもそれを話したらAちゃん先生笑っていて、
う~ん、それは特に症例として報告がないけど…脳の炎症部分によっては
顔面の麻痺とか、こないだみたいなチック症状がでたりとか…顔がつったりとかは
確かにあるけれど、それが病的かどうかは普段見ている飼い主さんがきっといちばんわかるから
病的じゃなければ、くくるちゃんのクセじゃないかな、と。
ふうむ、なるほど。

そして、松木先生への資料を作成してくださっていました。
詳しく載せるのはどうかとおもうんだけれど、松木先生宛に「くくるちゃんの最善の治療方針をたてるためにも報告させていただきます」と書いてくださっていて、本当にうれしかった。

あとね。
MRIをとったキャミック、そしてどうぶつの総合病院からの報告書もくださったのね。

かいつまんで内容を記すと

『左側頭葉~頭頂葉、後頭葉の灰白質および皮質下白質を中心に広がるT2WI/FLAIR 高信号領域は、散在する軟髄膜の造影増強効果をともなうことから、髄膜脳炎と最も一致する所見です』とあります。
割愛しますが、脳髄膜液検査で好酸球が主体であること、また、症例が比較的若い成犬であることから『特発性好球酸性髄膜脳炎』を含む『自己免疫性の髄膜脳炎』の可能性が最も高いと考えられますが、感染症性疾患は完全には否定できません。原虫の抗体価検査や糞便検査による寄生虫感染の除外をご検討ください。』

とありました。うん、素人にはわからん。わかるようでわからん。だからつまりどうなのかが
わからん。
ってことはおいといて、で、昨日の便検査(2回目)だったのです。
他の感染症は徹底的に調べていたのですが、便検査は1回しかしておらず、1回では80%程度ということで、今回の検査でした。(徹底的に調べ尽くす)

そして小脳の尾側縁にごく軽度のヘルニアがあるそうです。
こちらは『ごく軽度』なのでケージレストするほどではないけれど、要観察とのこと。

そんなこんなで、この結果を持って来週、松木先生に行ってきます。

ところで…
最近くくるんお外で吠えるようになっちゃったのよ。
前は吠えなかったのに…

入院して恐い思いをして、知らないわからない事に対してすごく警戒してるんだと
おもうけど…最近甘やかしているからなのか…

あ、昨日財布をわすれちゃったので、これからくくるんと夕べのお支払いにいてきます

Dsc_0002

マダパピ時代のかわいいお写真を一枚。
この頃はこんなことになるとは夢にも思わんかった。



にほんブログ村

2017年10月18日 (水)

ぐ~ぴぃ すぅ~ぴぃ

病気になる前、くくるんはお留守番をきちんとできるコだったんだけどね
病気になってから発作が恐くておいておけないの。
入院したこともあってか、私の姿が見えないと吠えまくるし…
吠えて興奮すると発作が起きないか心配で仕方がない。
あの発作を二度も見てしまったから、私のいない間にもし発作が起きたら…なんて
考えると怖くて怖くてくくるんだけにできない。

私はよく母を色々な所に送って行くんだけれど
その時も当然一緒。

Line_1508215992227

毎日のようにお出かけするので、くくるん最近車にゆられながら
クレートの中でリラックスして眠るようになってきたよ。
お出かけに馴れてくれると助かるわぁ。

これは夕べです。

Line_1508247430654

ぐーすかぴーすかよく眠ります。

Line_1508142755787

包んでみた。くすっ。。

それにしても、相変わらず目開けてますね。
前から薄目を開けて寝てることが多いコだったけど、ここまで毎回ということはなかったのです。
これ、病気となにか関係があるのかしら…今度聞いてみよう。

さて

今日は1週間ぶりの受診日です。
今日はフェノバール(抗てんかん薬)の血中濃度を測るので、夜のお薬を飲ませる直前に連れて行きます。
あとは検便。今日したてのほかほかを採取しました。

特別何か言い渡されるわけでもないのに朝から緊張してます。

あ。

Img_20171008_1134171

今日もとっても元気です。このちっちゃい頭の中で色々恐いことが起こっているなんて信じられないくらい。
くくるんは何にも知らないから
のんきにベランダに出ては、なーべらーの芽を食べてます


にほんブログ村

2017年10月16日 (月)

ぺろぺろぺろ

私の朝は弁当作りから始まります。

毎日おにぎりを作っているのですが、冷蔵庫から海苔の入ったジップロックを出すと
くくるんがどひ~~~っとすっとんできます。

くくるんは海苔大大大好き。たーちゃんも海苔が大好きだったよ。
わんこって海苔すきだよね。

で、

Img_20171016_072716

なんだかね…

Img_20171016_072725

ぺろぺろぺろぺろしてるの。

Img_20171016_072749

ぺろっぺろぺろっぺろ

へびみたいですよ。

Img_20171016_072750

これね、上あごに海苔がくっついてるの
あんまりひどいときはとってあげるんだけどね。

くくるん、お水を飲むととれるんですよ、と教えてあげてるんだけど
どうも日本語があまり通じないらしい。
あ、ブラジルのサンバのおねぇさんだからかな。


にほんブログ村

~~~~ネガティブ発言なので…~~~~~~~

みなさんはぼーっと何かをやっているとき、何を考えていますか。
お料理をしているとき、洗濯物を干したりたたんだりしているとき
掃除機をかけているとき、道を歩いているとき、車の運転をしているとき
そして眠る前…

私はみごとなくらいくくるんのことばっかり考えてしまいます。
人と話しているときでさえ、くくるんのことを考えてしまうこともあります。

いままでなにをかんがえていたのかわからなくなっちゃうくらい、くくるんの事ばかりを考えています。

病気のことを考えても考えても、結局は松木先生にお話を聞くまでは あーだのこーだの
考えても仕方ないに行き着くのに、また繰り返し考えちゃうんです。
でも症例があまりないっていうんだから、どんなに「予後が良い場合が多い」と報告ているったって
きっと「他のワンコのように長生きできますよ」とは言ってもらえないんだろうな。とか。

1日1日を大切に生きよう、そう思ってます。
でも、時間は無情にも過ぎてしまうし
そもそも、大切にいきるってどういうことなのかなとかね、思っちゃうのよね。(自分で言っておきながら)
明日はこんなに元気じゃないのかも知れない、明日はないかもしれない、だからそれを意識して
1日をなるべく楽しく生きることなのかな。とか。

どんなに苦しくたって現状って変わらない。
それなら自分が変わるしかないんだけど、どう変わって良いのかわからないし。
きっかけもない。
こう言うとき、人は宗教にはまったりするのかな。とか。

今日またたーちゃんの時のことをリアルに思い出して苦しくなった。

可愛い可愛い家族とのお別れはどんなでも辛い…
老衰で大往生の愛猫へちゃが(ほぼ25歳で旅立ちました)死んだときだってすごく悲しかったけど。
でも、たーちゃんのように7歳という若さで、苦しんで弱っていくのをそばで見ているのは
悲しいよりも心が痛くて痛くて痛くて苦しかったな、って。

もう二度とそんな思いはしたくなかった。
でも、動物を迎えるってそういう可能性もあるって、くくるんを迎えるまえに
どうして私は気がつけなかったのかな。
へちゃのように旅立てるコの方が少ないのに。
まさか、こんなに早く病気になってしまうとは思っていなかったんだと思う。
覚悟が足りなかった。

でもがんばるしかないんだよ。

だって、時間を巻き戻しても…もうくくるんなしの人生なんて考えられないから
こうなるってわかっていてもきっとくくるんをおむかえするんだから。
がんばるしかないんだよね。


2017年10月14日 (土)

こらちゃん発動!

すんみぃがお昼ご飯を食べていると…
やってきました。このお方。

Img_20171014_104920

物欲しそうに眺めてます。
わあ、今日のお昼ご飯はそばだぁ
すんみぃくくるんにもちょうだいな

Img_20171014_104935

すんみぃ苦笑…
くくるんわくわく。

Img_20171014_104942

あきらめない(笑)
別茹での味無しそば、あげました
あまあまですよ。もう。

そしてやってますよ~

Dsc_0062

ついこの間姉のまうさんにもらったばかりの座布団をかじってます…
とうとう『こらちゃん発動』です。

Dsc_0058

あーあーあーあー…

こらちゃんってね。くくるんのもう一つの呼び名です(笑)。
いたずらっこくくるんのことを、我が家では「こらちゃん」と呼んでます。

今日も元気にこらちゃん発動です!


にほんブログ村

くくるん元気です。
ステロイドの副作用もそれほど感じません。 ただ、以前はムラ食いが多かったけれど
今はキレイに完食します。
食欲が増す、これも薬の影響だよね。

フェノバールを12時間ごとに飲ませているので朝、夜7時半にお食事です。
もう待ち遠しくて待ち遠しくてねぇ。
いつでもお腹が空いているみたいでちょっと可哀相。

そうそう、先日病院に行ったときに「吐いたりしていませんか」と受付のおねぇさんに
聞かれて「吐いていません」と言ったんだけれど、実は一度吐いたんです。
吐いた内容をよく確認すると、大量の髪の毛と輪ゴム一本でした。吐いて当然。
それにしても、うんちには出ないでお腹にずっとたまっていたんだろうか。
って話しを診察の時にAちゃん先生にしたんです。前からそういうくせがありますか?
落ちてるモノを拾い食いするというか…と聞かれたので、
子犬の頃から髪の毛を拾い食いするクセがあるけれど、落ちているモノを拾い食いすることは
いままでありませんでした、と話しました。
「ただなぜだか髪の毛がすきで、いつもくくるんと床に落ちてる抜け毛争奪戦です」と言ったら笑いながらカルテに書いていました。
きっと、「抜け毛フェチ。イヤシンボなワンコなり」と書いていたはず(笑)
ってのは冗談だけど、普通だったら聞き流してしまうような感じのことでも
細かくメモってくれてます。

昨日ねすごく時間をかけてぐぐったけど、「好酸球性髄膜脳炎」の情報は本当に少ない。
同じ病気の子のブログは皆無なのよね。
この「好酸球性」ていうのは、いわゆる髄膜脳炎から最近分類されたといっていたけれど
ほんとにごくさいきんなのかもしれませんね。
それなら、このブログはきっと誰かの役に立つ日がくるよね。

…希望を持ってもらえるブログになるといいんだけどなぁ…

2017年10月12日 (木)

使い方がちがいます。

数日前ですが、姉のまうさんが職場で余ってるから、とこれを持って来てくれました。

Img_20171010_0802121

なにかの付属品らしいけど、くくるんのベッドにどうかな、って。
入るかなぁ??

Img_20171010_0802181

あはは

Img_20171010_0802501

ねぇ…想定内ですけど…

Img_20171010_0804201

このあとちょっとだけ入ってみたんだけど、どうもベッドとしては
お気に召さなかった様子。
でもおもちゃとしては気に入ったんだって。

使い方間違ってるけどね。まぁくくるんが楽しければいいか。


にほんブログ村

昨日の夜からプレドニゾロンを飲ませ始めました。
副作用で、お水を沢山飲むようになります、と言われたけれど
いまのところいつもより飲むという感じはしないかな。そして食欲が増すから
ご飯がっつきます、って。
でもそれも今までより、という感じはしない。まだ飲ませ始めたばかりだから?

今までね、夜眠るのがすごく恐かった。元気なくくるんと過ごす時間が減ってしまうから。
でも夕べは疲れもあってか、21時前には眠ってしまいました。
でもね、やっぱりくくるんがもぞっと動くと、ビクッと飛び起きてしまいます。

そのあともんもんと考えていたんだけど…
確かに余命宣告されて絶望的な気持ちになっていたから、今回こうやって希望の光を感じても良いんじゃないか、といわれて
正直ホッとしました。
でも、コメントにも書いたんだけど、簡単な病気じゃないことになんら変わりはないのです。
余命宣告だって、この病気がよくわかっていないからされないだけかもしれない。
そもそも、「予後がよい、期待できる」ってのはどの程度??
完治までいかないまでも、それにかなり近い状態まで治った報告もあります。
といわれたけど、それは希なことなのか、割合として多いのか。
くくるんの炎症はどの程度なのかな。キャミックでは「軽度だと思いますよ。早期発見の方です」と言われたけど
実際はどうなのかな。
痙攣発作はほんとうに脳の炎症のせいなのかな??てんかんとどう違うのかな。
炎症が治まったら発作は起きないの??それでてんかんに移行することはないのかな。
再発するかも、ってのは発作が起きるまでわからないってことかな。
ってことは、やっぱり目が離せないよね???

とか、そんなことをグルグル考えていました。

とりあえず、松木先生にお会いして疑問に思っていることを全てお聞きしてみよう。
それからだ…。
いますぐどうこう、ではないにしろ、もし再発を繰り返すことがあるのだとしたら
J先生がおっしゃっていたみたいに「健康な子のように長生きは望めません」という
こともありえるんだろうな。

でも、しっかりしなくちゃね。

とにかく、がんばります!

2017年10月11日 (水)

結果を聞きに行ってきました!

今日、全ての検査結果が出そろい、さいたまにある動物病院(どうぶつの総合病院というみたい)からの
MRI読影の結果と見解書もきていることで行ってきました。

結果から言って、予後の希望が持てるんじゃないか、ということです

細菌、寄生虫感染もなく『特発性』であろう、ということです。
この場合は予後が良いという報告があるそうです。
ただ、完璧に綺麗に治るのか、といえばそれはわからないそうです。

今日からプレドニゾロンというステロイド薬を飲みはじめます。
これは、脳の炎症を抑える効果がかなり期待できる薬で、よく効くそうです。
そして、年内にはまたMRIを撮って炎症の具合をチェックするそうです。
もしうまい具合に炎症が治まってくれば、薬も徐々に減らしていくことが出来るし
最終的には薬なしの生活がまたできるようになれば、と期待しています、との話でした。

ただ…なにしろ症例が少ない病気であること、原因が分かっていないだけに仮に炎症がすっかり治まったとしても
再発の可能性が否定できないこと、炎症を起こしているのが脳であることから
すっかり「もう大丈夫!安心してくださいっ!」と胸を張って言えないところではあります、とのことでした。

Aちゃん先生、「ふゆぅさん、眠れてますか」と心配して下さって…
何しろ、くくるが私の視界にいないと、どこかでけいれん起こしてるんじゃないかと
不安になる事
夜中でも、ちょっとくくるんが動くだけで心配になって飛び起きてしまうこと
ちょっとでも変化があると動悸が止まらなくて、びくびくしてしまうことなどを
話したら、とりあえずはもうそこまでの心配はしなくても大丈夫ですから…
ゆっくり眠ってください、という風におっしゃってくださいました。

そして、姉が会社の獣医さんから紹介して頂いた神田の松木先生(元東大の教授で中枢神経疾患の第一人者だそうです)からもお話を聞きたいと思っていることを話しました。
松木先生はこの業界の人なら知らない人はいない超有名人だそうです(Aちゃん先生談)。
Aちゃん先生、「それは僕もぜひ意見をお聞きしたい」とおっしゃってくださいました。
資料を揃えて頂いて私が持って行った方が良いのか、病院同士でやり取りして頂いた方が良いのか
わからないので…と話すと、「僕から松木先生にお電話してみましょうか」とおっしゃってくださいましたのでお願いすることにしました。
治療方針は決まったのですが、今の病院では『好酸球性髄膜脳炎』の症例がまったくないので
やはり専門医からじかに色々とお話を聞きたいと思って…セカンドオピニオンは
お金もきっと数万かかるのかな、とおもうんだけど(費用の事はきいてない)…大切なくくるんのためだから、なんとしてでもがんばって行ってみたいと思います。

御心配下さったみなさま、そんな感じです。
でもまだ安心するのがこわいです…きっとすっかり元気になっても安心できないのかもしれないけれど
とりあえずは今日明日の事を怯えなくてもよいみたい…

みなさん、ほんとうにありがとう!!
まだまだこれからが本番だけど、がんばります!!!!!

毎日を大切に大切に生きなければ…この誓いは今後も一生です

Img_20171008_1134171

次の受診は1週間後の18日です。
フェノバール(抗てんかん薬)の血中濃度を調べるそうです。
それと、念のために検便も…
来週には松木先生への資料を揃えておいてくださるそうです。


にほんブログ村

2017年10月 9日 (月)

ぐいぐいぐい。

エルママさんからエルくんのヒマチー齧ってる写真頂きました
ひさびさにほっこりと笑いました

1507344682535

うん、エルくんおいしそうだね♪匂いはね (笑)

エルくんは、くくるんのママ『ゴゥアちゃん』の同胎です。
つまり、くくるんの実のおじちゃま、ということです。
エルくん、縦にかじるんだね(笑)お手てがかわいい♪

さて。

Img_20171008_183433_2

これは夕べ寝る前なのですが…
まうさんにもらった私の横向き用枕にスッポリはまりこんでまったりしています。

Img_20171008_184037_2

ん?ボールがころころ転がってきました

Img_20171008_184045


とりにいくよねぇ…やっぱりね。

Img_20171008_183955

ぐいぐいぐいぐい。
あは~。
当然こうなるよね

でももうボール取ってこい遊びはできないのでひたすら無視です。可哀そうだけど…
そうすると、自分で勝手にぽとっと落としては拾いに行って…を繰り返しています。
ごめんね、くくるん。

くくるんね、すごく元気です。
病気があるなんて信じられないくらい。一日でも多く、この安らかな日が続きますように。


にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~ややネガティブ~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日ね、とてもお天気が良かったので歩いてお散歩に行きました。
ついで…といってはなんだけれど、一番初めにかかった「T先生(おばあちゃん先生)」の
所にご挨拶にいってきました。
「お膝が何度か外れていたかったんじゃないかな」で、それきり1か月も行っていないから
報告を兼ねて。

先生にことの顛末をお話したらびっくりしていました。
髄膜脳炎の子はみたことあるけれど、『好酸球性』というのは初めてだっていっていたよ。
でね、先生のところで一番最近みた髄膜脳炎の子の話をしてくださいました。
その子は4歳で分かって、11歳までがんばったそうです
ただ、好酸球性ではないんだって。
先生に色々と励ましていただきました。本当に優しい良い先生なんだよね。

いまね、ものごとをどう考えたらいいのかがわからなくなっています。
“余命宣告1~2年もったとしても5年以内”というのは、いわゆる脳炎のことだったようだけれど
だからといって余命宣告を撤回されたわけではなくて
いづれにしても長生きはできない。普通のわんこのように10歳を超えることはまず期待できない、と
念押しされてしまったから。
その間には、発作を起こして苦しむこともあるということで、それが一番怖いです。
でもね、この脳炎が特発性なのかなにか原因があるのかもわからないし
治療方針も決まっていないから…
毎日毎日、私が目を離しているときに発作がおきたら…と考えると
髪の毛を洗うのも怖くて仕方がないです。
毎日ビクビクビクビクして、ほんとうに『パピヨンくくるの びくびく闘病日記』ですよ。

明後日、結果がそろうということで病院に行くのですがなんだか怖くて仕方がないです。
なんて言っていてもそれこそ仕方がないのだけれど…
お母さんだから頑張んないとだよね

2017年10月 6日 (金)

久しぶりの外出

昨日は体調を崩して寝込んでしまいましたが、今日は起きてます!
まだいまいちなんだけど…寝てる場合じゃないから。

くくるんの病気が表に出始めてから明日でちょうどひと月たちます。
でね、くくるんの調子が良いので、今日はひと月ぶりにくくるんと外出しました。
退院してからずっと元気いっぱいではあったんだけど、なにか刺激を与えると
また発作を起こしそうで恐かったんです。
でも、ここ数日の彼女の様子をみていて、私も自信がついたというか。

くくるんを自転車に乗せてJマートに行って来ました。
あ、お散歩は普通に行っても良いって言われたんだけど…
Jマートまでは歩いて25分くらい。往復1時間近くかかっちゃうから、
今日のところはチャリにしてみました。

Img_20171006_100213


サンバのお姉さん
というか、なんだかパンツきてるみたい
しかし我が子ながら美しい子ですよねえ…なんちゃって

久しぶりの外出、楽しんでた?と、まうさんに聞かれたけど
いや~、早く帰りたそうでした(笑)。
買い物して、とっとと帰ってきました。

ところで、先日病院に行ったとき
どの程度の運動をさせても良いのか、どの程度興奮させて良いのか、とJ先生にお聞きしました。
運動は、走り回ったり階段の上り下りは止めて欲しいけど
普通のお散歩はまったく問題ない、とのことでした。
ただ、他のワンコにあって興奮するようならそれは避けてくださいって。
そして、興奮度ですが…
つまりね、くくるんは私以外の家族(特にたく)が部屋に入ってくると嬉しくてギャウギャウ大騒ぎしちゃうのね。
おもちゃを急いで持って来て、それをガウガウ言いながら激しく振り回したり…
今それを全力で止めているけれど、やっぱり限界があるのです。
遊びたい盛りだからねぇ…
先生、「そうですよねぇ」と笑ってました。
で、ずっと興奮させるのはよくないけれど、そこまで神経質になって止めなくてもいいですよ、と。
それがまたストレスになってしまうから、と。
てんかん発作は脳の異常な興奮によって起こるんだけれど
どんなに興奮しても起こらないときは起こらないし、何もしなくても起こるときは起こるからと。
ただ、ビックリしたり興奮しすぎたりしたときに発作が起こることはよくあるから
気をつけられるなら気をつけて欲しいけど…というかんじでした。

でね。最近ボール遊びを禁止されて遊べるおもちゃも少なくて
あの例の帯をカミカミしてるんだけどね、
最近ヒマチーも一生懸命かじってるよ。一時飽きてたんだけどね。

Img_20171006_083106

カミカミ…

Img_20171006_083114

カミカミ…

Img_20171006_083223

ぎょえ~そんなところで…

Img_20171006_151512

きら~ん


にほんブログ村

~~~~~ネガティブ発言のコーナー~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今朝、姉のまうさんが出勤前にくくるんの顔を見に来てくれたんだけど
くくるん大喜びしすぎて逆くしゃみ状態になってしまいました。
そのあと、プルプル小刻みに震えていて…でも数分で落ち着いていつものくくるんに戻ったんだけど…ここ数日すごく元気だったからもう心臓が止まりそうになりました。

たーちゃんはよく逆くしゃみしていたけれど、くくるんは病気になるまでは一切しなかったの。
だからもしかしたらこれも症状の一つなのか…今度病院に行ったときに聞いてみようと思います。

いつかテレビで「人の恐怖は持続できない」と言っていたけれど
持続しなくても、その原因が無くならなければ何度でも繰り返すな、と思います。
最近、動悸がとまっているときもあるのだけれど、ふと思い出すと
ズキンズキンと心臓がいたくなります。

毎日眠るのが恐いのです。
今まで、夜になると症状が悪化していたという事もあるのだけれど、それよりも
眠ると一日が終わってしまうから。ああ、また一日終わってしまう。
くくるんと一緒にいられる時間が1日終わってしまう。
そんなふうに思っちゃうから。
だから抵抗しているんだけれど、私が眠らないとくくるんが安心して眠れないから
眠るんだけどね。

ああ、どうして時間って過ぎてしまうんだろうな、という感じです。

こんなに1日1日を大切に思った事って無かった気がする。

2017年10月 4日 (水)

ストレス発散!

夕べは私の姉のまうさんが仕事帰りにくくるんに会いに来てくれました。
退院してきてから、“治っちゃったんじゃない?”と錯覚するくらい
くくるんは元気です。
でも、あまり興奮させたり、走り回ったりしてはだめ、といわれているので
とうぜんボール投げ遊びもだめだしね。

先日はまうさんのお誕生日で、友人からプレゼントが届きました。
何かな?何かな?と開けていると…

Img_20171003_194751

なにかな?なにかな???くくるんも興味しんしんです。

Img_20171003_194755

こ~れもーらいっ と、メッセージカードを奪って逃走。(中身は超高級ラム酒でした)

Img_20171003_194810

ピンクボロボロクッションの上でさっそくカミカミ開始です。

Img_20171003_194929

あーあ、びりびり。
でもまうさん、遊ぶものが少なくなっちゃったからって大目に見てくれました。

ところで…

Img_20171003_222339

ナナ子ママさん、これがくくるんの寝顔です どう??おっそろしいでしょ(笑)
目の前で手を振っても無反応です。

目を閉じているときもあるんだけどね…
初めの頃は本当に心臓が止まりそうになりましたよ。

ところで…
今日は退院後初めての通院日でした。
今日はAちゃん先生がお休みなので、J先生に見て頂きました。
もともとはJ先生が診てくれていたんだけど、脳炎だと判明するにあたっての
一連の流れをAちゃん先生のほうがよくわかっているという理由で、これからはAちゃん先生がメイン、
サブにJ先生ということになったんだって。

先日、脳髄液と血液検査を、細菌や寄生虫感染をしていないかどうか特殊な外注検査に出して
いるのですが
まだ結果は返ってきていないそうです。
それに合わせて、くくるんのMRI画像とその他の情報を埼玉の専門病院へ送ってみて頂いているんだそうです。
というのも、とにかく「好酸球性髄膜脳炎」というのは最近脳炎からカテゴリーわけ
されたということもあって、非常に珍しくこの病院でははっきりそれという症例がないんだそうです。
いわゆる脳炎の子はいままでも何頭もいて、今も6頭が通っているけれど
好酸球性の子はいないそうです。
で、今日はそれに合わせてフィラリアの検査もしました。
フィラリアにかかっていても、好酸球が爆発的に増えるそうです。(陰性でしたよ)
くくるんが元気なら、1週間後にまた検診なのだけれど、その頃にはきっと検査結果が
すべてそろっているということです。
全てはそこから、ということですね。といわれました。

で…「こんな話をして過剰な期待をさせてはいけないのですが」という前置きで
やはり、好酸球性ではかなり良くなったという症例も報告されているとのこと。
ただ、原因によっては必ずしも予後が良いとはいえないということです。
脳炎であることは間違いないので、すっかり良くなる可能性の方が低い、ということ。
おそらく、普通のわんこのように10歳を超えての生存というのはまず望めないでしょう、と
念を押されました。
今、くくるんと同じように2才前後で脳炎が見つかった子が入院しているそうです。
その子は診断されてから3年目に突入したんだそうで、だいたい2か月に1回大きな発作を起こして
数日入院、落ち着けば家にかえる、という生活だそうです。
一応まだお散歩にも行けるし、ご飯もトイレも自分でできるそうですが
健康を100とすれば、いまの状態は40~50といったところだそうです。
くくるちゃんが必ずそうなる、ということではないけれど、これが一般的な脳炎の子の
状態です、といわれました。

なにしろ、犬の好酸球性髄膜脳炎の情報ってないんです。
katzewaonさんが貼ってくださったサイト、私はそんなこんなでまだ見ていないのですが
姉のまうさんが見てくれて、そのサイトくらいしかきちんと「犬の」ということではないみたいで…
時間を割いて探し出してくださったこと、本当に感謝しています。見つけるの、大変だったんじゃないかな…
今通っている病院には情報がないので、ほかの病院に意見を求めているようだけれど
実はまうさんも仕事の関係で、獣医さんに知り合いがいて
そちらから、やはり専門の先生を紹介していただけそうです。
実際そこは遠すぎて通うのは無理そうだし、今通っている病院はすごく信頼できる病院なので今の病院を変えるつもりはないんです。なので、
とりあえず相談だけでもと思っています。セカンドオピニオン的に意見を求める感じかな。
MRI画像がないから一般的な話と、今通っている病院で何と言われているかというあたり
を話して
場合によっては、MRI画像を借りるか…とも考えてはいるのですが…
やっぱり言い出しづらいよね でもくくるんのためならそんなこといってる場合じゃないから。と、思っているところです。

ところで…下世話な話ですが
今回病院にかかり始めてからもう1か月たちますが…
このひと月でもう25万ほどつかいました。
普段の診察や薬代はすごく安いんですよ。でも、なにしろ入院費、検査費がすごく高い。
今回、考えられる原因をつぶしていかないと、治療が逆効果になってしまうから
ということで検査しまくりです。
MRIは10万くらいと思っていたら、8万ちょっとでした。
動物保険は7割に入っているので、ある程度は返ってくるから助かるけれど…
お金には代えられないけれど、やっぱりびっくりですよね。
結果が出れば、今後はそれほどかからなくなるみたいだけれど、
何しろ今のんでいる「フェノバール」という薬は肝臓にとても負担のかかる薬なので
一生定期的に血液検査をしなくてはいけないそうだからね。

お金の感覚狂います。5000円?あれ、今日は安いね、ってなもんです。
んなわけないのにね (-_-;)
普段は、1000円以上お買い上げのお客様、卵1パック1に限り98円!!
ってのを狙ってヨーカドーにいくような生活です

あ、ところで今月ワクチンなんです。
J先生に打つ??ときいたら、ここの病院では毎年ではなくて、2年ないし3年に一度でいいですよ、という考えなんだそうです。
なので、いずれにしろ今回は接種しないことになりました。
フィラリア予防薬は引き続き12月まで飲ませてくださいとのこと。。


にほんブログ村

2017年10月 3日 (火)

タイトル変えました。

タイトル変えないつもりでいたんだけれど、やっぱり変えました。
考え直して、もう「すくすく成長」期じゃないからね。
でね、考えて考えて…今の私の気持ちを素直にタイトルにしました。

なんだかくくるんが元気で私のそばにいることが当たり前になっていた。
元気でいることが当たり前じゃないんだ、ってたーちゃんのときにあんなに思い知ったのに。
学習能力がないな。私。

とはいえ、くくるんはすごく元気です!
それはお薬のおかげなんだけど、まったく今までとかわらない、天真爛漫で
明るいくくるんです。
でもね、あまりはしゃぎすぎると家族3人全力で止めているので
あの天真爛漫、いたずらで悪い顔のくくるんの写真がなかなか撮れないんだよね
こんなに元気だと、病気だってことを忘れてしまいそうだよ。
薬のおかげですよ~、治ったわけじゃないですよ~。状況悪いんですよ~。
ああ忘れそうでこわい。

くくるんはまだ2歳で遊びたい盛りでしょ。
ボール遊び禁止、走り回るの禁止、なるべく興奮させない。
じゃ、どんな遊びができるのかな?ってんで、とりあえずはいつかエルママさんに頂いた
細長い帯状のものにプヒプヒなるプラスティックの玉がはいってるやつで遊んでます。
ひたすら玉をだして。

Img_20171003_090914

退院して来た直後は、よだれが固まって毛がカピカピしてたけど
夕べスリッカーかけたらきれいになった。

なんだか全然普通でしょ?いつものくくるんでしょ??可愛いでしょ?べっぴんさんでしょ?なんちゃって

明日は退院後初めての検診の日です。
退院して3日後。
本当はAちゃん先生に「調子が良ければ1週間以内に来てくれればいいですよ」といわれたんだけれど
私が恐くてそこまで待てないから、3日後にしました。
とりあえず、どれくらい運動させてもいいのか、興奮させてもいいのかを聞こうと思います。
せめて、タオルのひっぱりっこくらいはできるといいなぁ。


にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ここからネガティブ発言~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕べはくくるん安心できたのか、はでなへそ天で爆睡してくれたので私も比較的眠れたんだけど
相変わらず私の動悸はとまりません。

Aちゃん先生にちょっと希望の持てることを云われたこととか
くくるん自身が薬が効いているにしてもすごく元気なこともあって、正直言って油断して楽観的になりそうになるのね。
でもね、そうじゃないんだ、と思った時、ものすごく動悸がはげしくなるっていうか。

この三週間、良くなったなと思うとさらに状況が悪くなる、を繰り返していて
それがトラウマなんだけど、私のトラウマはもっと根深い所にあるんだって気が付いた。

それはね、たーちゃんのこと。
たーちゃんが死んで2年と8か月が経ちました。
今は突然思い出して泣くことはあまりなくなりました。たーちゃんの思い出話しもたまにできるようになりました。
でもね、やっぱりまだたーを失った悲しみは癒えてないんだなと思います。
たーちゃんの写真は見れても、たーちゃんの動画はまだ見られない。
くくるんがいてくれるから、だいぶ癒えて来たようにかんじるだけなんだな、と思います。

だから続けざまにこんなことになってしまって、癒しのくくるんがいなくなるって??
そんな、まさか…あまりにもダメージが大きすぎるんだな、とおもうのです。
元気なくくるんをみると「今すぐどうこうということじゃないんだから」とおもったりはする。
でも、今元気だからニコニコしていたら、次の瞬間発作が起こって地の底に突き落とされることを考えると
常に緊張感を持っていた方がギャップが少なくて済むんじゃないか、とか思うのです。
自己防衛だよね。これだってくくるんのためじゃないよね。で、さらに落ち込む…

確かにね、キャミックの先生もAちゃん先生でさえ最終的にはちょっとだけ希望の持てることをいってくれたけど
でもそれはそういうことも報告されている、ということで
余命宣告を撤回されたわけじゃない。
たーのときも、安心したとたんに地の底に突き落とされた。
安心したら突き落とされる、その回数が私はあまりにも多すぎるんです。

そうそう、脳炎の子の3年後生存率は30%だか20%だかっていう記事を読んだんだよ。
どこかの研究所が統計をとったというやつ。
でね、その死因の円グラフがあってね
ほとんどが「安楽死」だったのね。すごくショックだった。それだけ過酷な最後だってことでしょう?

あのね、たーちゃんが「脊髄軟化症」で余命1週間と宣告されたとき(実際は4日程度だった)
最期をきいたのです。最後はどうなるのか。
そしてね、先生のおっしゃったとおり、徐々に心臓が弱っていって
静かに息をひきっとったの。
だから、息を引き取る直前にたーが大好きだったお散歩にも連れて行ってあげられた。

でも…くくるんは???
脳炎としての最後であれば、調べれば調べる程、そんなことできる状態じゃない最後がまっているんだとさとってしまう。

なんとか「好酸球性髄膜炎」は違うんだ、という奇跡の様なことを祈るしかないんだけど…

恐い恐い恐い恐い。今それしかなくて

暇さえあれば、くくるんの頭を触って「治れ治れ治れ」と念を送っています。
こんな時ばっかり不可視の力に頼るわけです。
それにしてもね、くくるんの 目を開けたまま眠るクセ、やめて欲しい

2017年10月 2日 (月)

退院したよ!(超ロング)

昨日無事に退院してきました!
おととい面会に行った時は元気にスピスピキュンキュン鳴いていたから
元気かな、とは思ったけど、ケージから出してもらえなかったからね、
実際のところどうだったのかわからなくて不安でいっぱいでした。

くくるんの余命宣告を受けてからというもの、私の動悸は治まることなく
毎日心臓が口から飛び出そうで痛くてしかたがありません。
そしてため息がとまりません。

それでも名前を呼ばれて診察室に入り、くくるんの顔を見るとやっぱり自然と笑顔になれる。
くくるんってすごいなぁ、と思った
くくるん、げんきでした。

退院にあたり、薬の説明を受けました。
頂いたのはフェノバールという抗てんかん薬とクリンダマイシンという抗生物質です。
フェノバールは肝臓に負担をかけるので、定期的に血液検査で肝臓の数値を慎重に確認しながらの
投与になるそうです。
1日2回朝夕、できる限り12時間おきに飲ませてください、とのことです。
一通り説明をきき「何か気になることはありますか?」とのことでしたので私が疑問に思っていたことをお聞きしました。
それは…
キャミックから帰ってきて余命宣告をうけたあと、血液と脳髄液を外注検査に出し、結果がでるのを待てないので
脳の腫れと炎症を抑えるためにテロイド治療を始めます、ってことだったのに
結果が出るまで待つ方針になっていたこと。
そのこと自体はいいんです。いいんですけど、気になったのは
結果のでる十日ほどの間で脳の炎症や腫れが悪化するんじゃないか、ということ。
だって、「結果が出るまで待てない」っていうのは、そういうことでしょ?と
思ったのです。
すると先生は、今出したお薬は、少なからず脳への効果も期待しています。もし細菌などでの感染の場合はかなりの効果を期待できますから、とのことで
「くくるちゃんの脳炎は脳腫瘍などの様な進行性のものとはとらえていないのでこの10日間で
進行するとの認識はありません」ということでした。
そして、前回のお話は一般的な脳炎のほとんどはそうなるというお話で
昨日もお話ししましたが、好酸球性で予後が良かったとの報告もあるので…
でも、あくまでも悪い所が脳ですし好酸球性だから良くなるということとではないんです。
ジャンルとして最近脳炎というくくりから分けられたばかりですから
わからない部分が多いんです(とかなんとか)
つまり、そういう例もあるけれど、だからって大丈夫と楽観視してもらっては困っちゃう、という
感じのお話なのでした。
で、最後に、「年単位以上の回復ができるように一緒にがんばりましょう」くらいのことをおっしゃっていました。

でね、お迎えには姉のまうさんと一緒に行ったのね。
帰り道、まうさんが「だんだん表現がマイルドになるよね」と。
キャミックから帰って来た直後の説明を考えたら、かなりマイルド。
もしかして、昨日私がキャミックの先生から言われたことを話したので
もう一度調べたり、先生同士話し合ったりしたのかしら…
ううん…分からないけど、だからって余命宣告を撤回されたわけじゃないから。
私の動悸は消え去らないのです。

車に乗って、家に着くと
くくるん、初めはおっかなびっくりクレートからでたのですが、すんみぃの顔を見ると大興奮!
もう嬉しくていきなり猛ダッシュで走り出したのね。
わ~~!!元気!!!でも、先生からできる限り興奮させないようにしてください、と
いわれたので、まうさんと二人で必死にくくるんを止めました

そして本当に久しぶりにくくるんもみんなと一緒に居間ですごしました。
昨日10月1日は姉のまうさんのお誕生日だったんですよ。
もともとお祝いをするつもりだったんだけど、急遽くくるんの退院祝いも一緒にすることにしました。

そして、みんなが帰ってから…
私とくくるんの愛の巣 に戻りましたよ。先生から、もうケージレストはしなくてもいいといわれたので
ケージはとっぱらいました。でもいつまた必要になるかわからないので、完全にはばらさないで簡単に畳んだだけだけどね。
もうベッドは止めて、床に布団を敷いて寝ることにしました。

Img_20171001_224025

くくるん、お疲れモードです。

Img_20171001_225449

脳髄液を採ったので剥げが出来てます。

Img_20171001_225023

たくが眠る前に様子を見に来ました。
たくに甘えてるよ~。

くくるんね、ぐっすり眠ったかと思いきや、そうでもなかったのね。
くくるんが帰ってきてほっとして一緒に眠ったんだけど、やっぱり不安が全く払しょくできずにいるから
やっぱり今日も夜中3時くらいに目が覚めてそこから延々眠れなかったのね。
それで私が寝がえりを打つたびにくくるんが私の顔を覗くんだよね。
今までは、私が寝がえりうとうがトイレに行こうが、ぐおぉ~~~っと眠っていたのに。
くくるんも心配なのかな。

くくるんはこの3週間ほとんど居間に下りることがなかったから
くくるんが居間にいることがなんだか不思議だったんだけどね。

くくるんが入院していたとき、ふとなにか気配を感じることが何度かあったのね。
そういう時この居間にいるわんこを想像すると、白いくくるんではなくて
黒い小さいわんこ、つまりたーちゃんがいたことをリアルに思い出してたの。
くくるんがうちにきてしばらくしてから、たーちゃんがこの家で生活していたときのことを
思い出せなくなっていたのに。
くくるんはこの家に来てまだ2年、でもたーちゃんは7年いたからね、
くくるんがなんだかんだで3日近くこの家にいないから、(変な言い方だけど)
リセットされたのかな、とまうさんに話したけど
それだけなのかな?と思った。
っていうのがね、夕べたーちゃんの夢をみたから。
すごくすごく久し振りに見たのね。たーちゃんが死んで、わりとすぐに
実は死んでいなかった、という夢を見て以来かな。
たーちゃんは何をするでもなく、ただ私と一緒にこの家で生活していた
ただなんでもない日常のひとこまだったと思うんだけど。
あー、たーちゃんが私のそばに来てくれてるのかな、と思って。
いやいや、私は霊感はないし、そういうことをまるまる信じてるわけじゃないんだけどさ。
くくるんが入院していた2晩、へちゃとたーちゃんのお骨を抱いて眠ったからなのかな。
わからないけど。

ところでね。
くくるんはボール取ってこい遊びが大好きだけど、先生から禁止されてしまったので
くくるんが帰ってくる前にボールとかたまごちゃんとか投げて遊ぶものを全部隠しちゃったのね。
今朝大騒ぎでくくるんがおもちゃ箱の中を「ボール、ないっ!ないっ!ないっ!!」と必死に探してました。
ああ…可哀そう…
でもね、どっかから一番お気に入りの紫のボールを咥えてきた。
きっとどこかに隠してたんだな

で、私に投げてちょうだいとせがんできたけど投げなかったらね
すんみぃが居間にやってくるたびにせがむのね。
すんみぃ、さすがに可哀そうになっちゃって、「ちょっとくらいいいだろ」とボールを転がしたから
激怒しましたとも。
私もたくも、くくるんが発作を起こしていたあの痛々しい姿をみているし
先生からの説明をきいているかけど、すんみぃはちがうから実感として分からないみたい。

くくるんね、本当に元気なんだよ。
だから、私でさえ錯覚してしまいそうで恐いです。
元気に見えるけど、強めのお薬で発作を抑えているだけなんだよ、とすんみぃに言いながら
自分にも言い聞かせています。

Dsc_0050

だーれも投げてくれないから、ボールくわえてフテ寝してます。


にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~ここからはネガティブ発言なので落ち込みそうな方はどうかこの先は読まないでください~~~~~~~~~~~~~

だったら流すな、って話なんだけど、やはりこれも記録と、自分の気持ちを整理するために必要なのです。

~~~~~~~~~

ここ3週間動物病院に幾度となく通っていると、診察の順番を待っている間
色々な飼い主さんに声をかけられます。

ある日、くくるんが下痢をしていたあたりかな?とあるマルチーズを抱っこした40代くらいの女性に声を掛けられ話をしていたのだけれどね。
話しの流れでその女性が「私はこのコが大好きだから、もし不治の病になって苦しんでいたら安楽死させる」と言い出したのね。
あなたもそうだよね、みたいなことを云うから私はたーちゃんの話をしたの。
安楽死を勧めるお医者さんもいる病だったけど、最後までみとったよ、って。そうしたらその人「私は無理」と。
その女性若い頃実家で飼っていた犬が、猫いらず(殺鼠剤)を食べて死んだんだけど
それがアワを吹いてけいれんを起こしてひどい状態で獣医さんに安楽死を勧められて安楽死させたんだって。
そんな状態でもあなたはみとれる?その方がかわいそうじゃない?といわれたのね。
私はね、「動物はどんな状態でも“生きたい”と思うんじゃないかな。死にたいと思うのって人だけじゃないの?不安で甘えてくる子を私は自分が見ているのがつらいからって
殺せない」と話したんだよね。
そうすると「そうかぁ、殺しちゃいけなかったんだね…私は間違ったことをしたのかなぁ」というから
「ううん、そういうのに正解ってないんじゃないのかな。その子がどうしたいかは飼い主しかわからないから
あなたがしたことが間違いだなんて私はいえないよ」と答えたんだけどね。

そのあとにくくるんがこんなことになってね。
たーちゃんの時は、必死に同じ病の人のブログを読み漁ったのね。これからたーちゃんがどうなるのか、私はどう心を保っていけばいいのかを 
誰かのブログで学びたかったのね。あとは自分だけじゃないんだ、と思いたかった。
でも今回のくくるんのこれでは、余命宣告を受けてから
ネットで情報をみることがこわかったんだよね。自分たちがこれからどうなるのかを
知るのが恐かった。たーちゃんだって不治の病、かかったら致死率100%といわれたのに
何故だか気持ちがちがってね。

ところがね、くくるんが帰って来た夕べ(というか目が覚めてしまった真夜中)
Aちゃん先生からちょっと希望をもっちゃいそうな話を聞いたからか、心に余裕が出来てしまって
ググってしまった。きっと希望の持てる記事を見つけたかったんだと思う。無意識だったけど。
そして「脳炎でたたかうことを選んでしまった」的な題名のブログを見つけてしまって
それを読んでしまったんです。
その飼い主さん、今は他のわんこを飼っているようだけれど、先代犬が脳炎で
発作を繰り返し、最終的には獣医に安楽死を勧められたけれど
安楽死を選ばなかった結果、愛犬にとてもつらい思いをさせてしまって
もう何年も経った今でも、激しく後悔をしていてそれがトラウマになっている、というブログ。
とてもつらいから、少しずつしか更新できない、としていたけれど
いちばん最後の更新が3月くらいだったかな。
いちばん最後の、愛犬が息を引き取るところがどうしても文章にできないんだと思う。
その人ね、「安楽死を選ばなかったのは愛犬の為じゃない、自分が愛犬と別れる勇気がなかったから。
それはもう自分のエゴでしかなかった」と書いていたの。
続きを読まなくてもその文章に全て集約されていると思った。
このブロガーさんがどれだけ辛かったか悲しかったか、恐かったかがよくわかる。
そして私もすごく胸がくるしくなった。

この間、動物病院で話したときはまだくくるんがこんなことになる前だったから
教科書通り、そして結果的には静かに息をひきとったたーちゃんの事を思っての
答えだったんだ、と思い知ってしまった。
もし、くくるんがあの恐ろしい発作が起こりっ放しだったら…私はそれでもみとるって言えるのかな、と思った。
この間、大きな発作ではなくて
震え、よだれ、荒い息、横にならない、そんなつらそうなくくるんを一晩中見ていた朝。
病院へ連れて行って「入院しましょう」と言われたとき、ホッとした自分がいた。
それは「これでくくるんが必ず良くなる」という安心感ではなくて「これでこの(私の)苦しみから逃れられる」という安堵だったのだと思う。
なんてひどい飼い主、最低の飼い主…もしあのとき、そのままくくるんが死んでしまったら
私はどうしたんだろう…ほんと最低だな私。入院させたことがじゃない。ホッとした自分が最低だ、
そんなことばかりをずっと考えています。
また同じようなことがあって、何日も何日も眠れずにもがき苦しむくくるんを見続けた時
私はそれでも『みとる』といえるのかな。
自信がないです。

恐くて、恐くて、動悸が止まりません。
きっと、すべてが終わるまで私の動悸が治まることはないんだと思います。
誰かに助けて欲しいよ。

可愛い可愛い愛してやまないくくるんを誰でもいいから助けて欲しい。

わたしはどうなってもいいから。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ